コンテンツへ直接アクセスする
LoroPiana's Logo

マイ アカウント

LP_RD_CASHMERE_OCT2023_DESK_1920x1080_001B.jpg
停止
ミュート

カシミヤ

モンゴルと内モンゴル

伝統と革新。カシミヤは常にロロ・ピアーナのゆるぎない品質の追求を象徴する繊維であり、贅沢な柔らかさと遠い国の魅力的な物語の未来像を呼び起こします。

カシミヤは、アジアの山岳地帯、特にモンゴルと内モンゴルの、食べ物も水もほとんどなく、夏は猛暑で冬は極寒の、ほとんどの部分が人を寄せ付けない荒涼とした砂漠地帯に生息するキャプラ・ヒルクスの毛から得られる貴重で稀少な繊維です。このような過酷な環境で生き延びるために、これらの恐れしらずの小さい動物には、粗い外毛の下に、空気を閉じ込めて体温を一定に保つために効果的な、とても細かい繊維でできた、肌の上のアンダーフリースのような寒さを保護する余分な層が発達しています。この柔らかいマントルがカシミヤの原料です。

牧畜民は地元の動物を十分に尊重し、自然のサイクルと調和しながら、気候が穏やかになって、動物たちが寒い季節に自分たちを守っていた柔らかくて温かいカシミヤの下毛を自然に失う3月から5月の間に毛を収穫します。その特性から、カシミヤは最も上質で最も珍重されている繊維の一つであり、並外れた体温調節特性を備えています。

カシミヤは、アジアの山岳地帯、特にモンゴルと内モンゴルの、食べ物も水もほとんどなく、夏は猛暑で冬は極寒の、ほとんどの部分が人を寄せ付けない荒涼とした砂漠地帯に生息するキャプラ・ヒルクスの毛から得られる貴重で稀少な繊維です。このような過酷な環境で生き延びるために、これらの恐れしらずの小さい動物には、粗い外毛の下に、空気を閉じ込めて体温を一定に保つために効果的な、とても細かい繊維でできた、肌の上のアンダーフリースのような寒さを保護する余分な層が発達しています。この柔らかいマントルがカシミヤの原料です。

牧畜民は地元の動物を十分に尊重し、自然のサイクルと調和しながら、気候が穏やかになって、動物たちが寒い季節に自分たちを守っていた柔らかくて温かいカシミヤの下毛を自然に失う3月から5月の間に毛を収穫します。その特性から、カシミヤは最も上質で最も珍重されている繊維の一つであり、並外れた体温調節特性を備えています。

責任あるカシミヤの基準を高める

2019年以来、ロロ・ピアーナは特に中国における責任あるカシミヤサプライチェーンの認証プロトコルの定義に積極的な役割を果たしてきました。動物福祉国際協力委員会(ICCAW)と持続可能な繊維連合(SFA)と提携して規格の草案を作成し、6つのパイロットプロジェクトの一つに参加しました。この取り組みにより、2021年にカシミヤの最初のバッチが認証されることになりました。

2019年以来、ロロ・ピアーナは特に中国における責任あるカシミヤサプライチェーンの認証プロトコルの定義に積極的な役割を果たしてきました。動物福祉国際協力委員会(ICCAW)と持続可能な繊維連合(SFA)と提携して規格の草案を作成し、6つのパイロットプロジェクトの一つに参加しました。この取り組みにより、2021年にカシミヤの最初のバッチが認証されることになりました。

ロロ・ピアーナ・メソッド

ロロ・ピアーナ・メソッドは、ロロ・ピアーナが2009年に開発したプログラムであり、それ以来、カシミヤ牧畜家コミュニティが持続可能な繁殖と牧畜の実践を確保するために、その使用を奨励してきました。その目的は、この地域の生物多様性と動物種の特徴を維持しながら、中国の内モンゴル地域のアラシャンヤギの毛の品質低下を阻止することです。2018年、ロロ・ピアーナは地元パートナーと協力して、デモンストレーション農場とそのための群れをつくりました。このプロジェクトではすでに3代目の子供たちが誕生しており、ここから繊維の品質の向上に関して有望な結果が得られています。

ロロ・ピアーナ・メソッドは、ロロ・ピアーナが2009年に開発したプログラムであり、それ以来、カシミヤ牧畜家コミュニティが持続可能な繁殖と牧畜の実践を確保するために、その使用を奨励してきました。その目的は、この地域の生物多様性と動物種の特徴を維持しながら、中国の内モンゴル地域のアラシャンヤギの毛の品質低下を阻止することです。2018年、ロロ・ピアーナは地元パートナーと協力して、デモンストレーション農場とそのための群れをつくりました。このプロジェクトではすでに3代目の子供たちが誕生しており、ここから繊維の品質の向上に関して有望な結果が得られています。

SCEGLI LA TAGLIA